• TESZARA

6/3 発表 SRRV保有者は入国免除文書を必要とせずに入国することができるようになりました

最終更新: 6月7日

2021年6月3日、フィリピン政府は、SRRV(特別居住者退職者ビザ)を保有する外国人は、入国免除文書を必要とせずに入国することができることも発表しました。



コロナウイルスのせいで、SRRV保有者でもフィリピンに入国できないという状況が続いておりましたが、やっと進展があったのでご案内いたします。



フィリピン入国管理局(BI)は、4月30日に5月1日から有効なビザを持つ外国人の入国を

条件付きで許可することを決定し発表しました。当該許可は、既存のSRRVビザを持つ外国人が含まれます。


フィリピンへの入国の手続きについては下記のメモをご確認ください。







なお、お手続きにサポートが必要な場合はご連絡いただければ弊社でお手伝いさせていただきます。


お問い合わせページからご連絡ください。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【感染症情報6月3日】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について

6月1日、フィリピン入国管理局(BI)は、インド、パキスタン、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、オマーン、アラブ首長国連邦からの渡航者、及びフィリピン到着前の14間以内に右7か国への渡航歴のある者の入国禁止を、6月15日まで延長することを発表しました。