• TESZARA

22年1月6日発表フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症の対応について一部地域・都市の警戒レベルの再変更

【ポイント】

●2022年1月6日、フィリピン政府は、2021年12月29日に発表した警戒レベルの「レベル2」継続について、再度、一部地域・都市を2022年1月9日から1月15日まで変更することを発表しました。


【本文】

1 2022年1月6日、フィリピン政府は、2021年12月29日に発表した警戒レベルの「レベル2」継続について、2022年1月3日、ブラカン州、カヴィテ州、リサール州の「レベル3」再変更、及びラグナ州も2022年1月7日から1月15日まで「レベル3」への再変更に続き、その他地域・都市においても2022年1月9日から2022年1月15日まで以下のとおり再変更することを発表しました。


(1)「警戒レベル3」を課す地域

 ・コルディリエラ行政区域(CAR):バギオ市

 ・地域1(イロコス地方):ダグパン市

 ・地域2(カガヤンバレー地域):サンティアゴ市、カガヤン州

 ・地域3(中部ルソン地域):アンヘレス市、バターン州、オロンガポ市、パンパンガ州、サンバレス州

 ・地域4A(カラバルソン地域):バタンガス州、ルセナ市

 ・地域5(ビコル地域):ナガ市

・地域6(西ビサヤ地域)イロイロ市

 ・地域7(中部ビサヤ地域):ラプラプ市(※COVID-19の追加専用ベッドの即時割当ての対象)


なお、「警戒レベル3」(NCR)地域の「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的な実施に関するガイドライン」の内容につきましては、2022年1月2日付けにて案内しました(その187:https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/11_000001_00702.html )の内容をご参照ください。


(2)その他全ての州、高度化された都市(HUCs)、独立構成都市(ICCs)等は、警戒レベルの分類を維持する。


2 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。


閲覧数:11回0件のコメント