• TESZARA

限られた予算で英語を学ぶためにより多くの日本人がフィリピンに向かう More Japanese head to Philippines to study English on a budget

スピーチ能力に焦点を当てた大学入試の変更や東京2020オリンピックに先行して、日本人はフィリピンへの低コストでの語学留学を選択しています。

フィリピンへの日本人訪問者数はここ数年で着実に増加し、2017年には584,180人に達し、前年より9.1%増加しました。この増加は、英語を話す環境に身を置こうとする学生やサービス産業の労働者からの要請によって支えられています。

「フィリピンで英語を勉強しようとする旅行者の数が急増しています。2017年には約100の日本の中学校が留学プログラムを実施しました。」フィリピン観光局の東京事務所のある関係者は、電話でのインタビューで語りました。

多くの人がフィリピンで英語を学ぶ選択をしています。なぜなら、フィリピンの公用語が英語であることを他の英語圏と比較した地理的な近さ、比較的安い研修費と生活費のためです。

日本の塾や京都にある立命館大学の付属である立命館宇治中学校のような学校は、休暇中にフィリピンの学校で英語を学ばせようと生徒を送っています。

政府は、2021年4月度の入学者を対象とし、一般大学入試の英語検定を見直す予定です。そのため、リーディングやリスニングに加えて、スピーキングやライティングにより重点が置かれます。 サービス産業も上昇に寄与しており、一部の企業は東京オリンピックの準備のためにフィリピンの英語トレーニングプログラムに派遣しています。

京都にあるタクシー、ハイヤー会社のMK社の人事責任者である柴田正明氏は、フィリピンはシンガポールやマレーシアよりも日本に近くコストがかからないと言っている。オーストラリアと英国の同様のプログラムに加えて、MKは2015年にフィリピンで研修プログラムを開始しました。


出典:the Japan times

https://goo.gl/UKbSBH




#フィリピン #英会話留学 #TESZARA #マカティ

Tel: +8148-649-6588 (日本)

Tel:  +6328-550-1376 (フィリピン)

  • Instagram - Grey Circle
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2019 by TESZARA Division (Dela Cruz Co., Ltd.)

 

​日本:

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-5 大宮パークビル5F

フィリピンマカティ:

Unit22A Chatham House, 116 Valero St. Salcedo Village, Makati City, Philippines

+63285501376