• TESZARA

中国企業はすごかった!

 今回、フィリピンで初めて中国人、そして中国企業と不動産関連の仕事をしましたが、驚くことが満載でした。

一つは、二組のお客様から売却を依頼されているコンドミニアム2室を広告に出しているのですが、中国人のお客様から見学の申し入れがありご案内いたしました。

するとそのお客様は、見学を終えると同時にこの2部屋とも買いたいとその場で即決され、そのスピードにはびっくり。

また、この物件とは別の売却を依頼されていた二部屋も中国のデベロッパーの仲介で販売することが決定しました。

この売買契約書の作成で中国デベロッパーの女性担当者と打ち合わせをしたのですが、若い女性担当者が一人でやってきて、その場で契約内容を即決で合意して、その場で日本円にすると8桁の小切手をさらさらと書いて、コンドミニアム二部屋分の代金の支払いを済ませたのです。 もちろんその中国人女性は流ちょうな英語での交渉です。

その交渉の間には、実はその女性は中国デベロッパーの社員でそのデベロッパーがマレーシアのジョホールバルに大規模な街を開発していて、そこのコンドミニアムをTESZARAでも販売してもらえないかとの話までしてきます。

GRANDEUR BAY

話を聞いていたら、NHKスペシャルか何かの番組でやっていた中国企業がシンガポールの対岸のマレーシア側ですごい規模で街づくりをしていると紹介していたその会社でした。

さらに驚いたのは、マレーシアまでの航空券と現地のホテルも全部負担するので、ぜひ現地に視察に来てほしいとの提案をされたことです。 とりあえず、マレーシアまでいかないまでも来週BGCにあるショールームに行って確認して来ようと思っています。

この二つの取引から、中国企業の即断即決のスピード、そして外国企業とのビジネスをすることにたいするアグレッシブさを感じ、日本企業はすっかり置いていかれそうなことを実感しました。


#中国企業 #フィリピン #コンドミニアム

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月22日発【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(NCR他5州のコミュニティ隔離措置変更、フィリピン国民の外国人配偶者等の入国免除文書不用他

7月22日発【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(NCR他5州のコミュニティ隔離措置変更、フィリピン国民の外国人配偶者等の入国免除文書不用他

【感染症情報(6月30日発表)】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その125:マニラ首都圏等における規則の改訂)

1 6月30日、フィリピン政府は、「いくつかの制限が強化された一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」(マニラ首都圏、ブラカン州、リサール州)が課された地域の規則を、7月15日まで以下のとおりとすることを発表しました。 (1)レストラン、飲食店などの食品準備施設における屋内食事