TESZARA

                Premuim life in the Philippines

THE FARM Alive Restaurant

 Wining and Dining

   A premium life deserves premium food choices.

アドボ
アドボはフィリピンの代表的料理でスペイン語のマリネするという言葉アドバルから来ていると言われている料理。鶏肉や豚肉をじゃがいも、人参、玉ねぎ筍などの野菜やエビなどを加え、多量の酢を用いたつけ汁に漬け込んで肉が柔らかく、保存性も良い。
Lumpiang Sariwa (生春巻きl)
日本でもお馴染み。ハロハロ。
ハロはフィリピン語でまぜるという意味で、かき氷と練乳をベースに、果物、ナタデココ、タピオカ、ココナツ、プリン、甘く煮た豆や芋類など多様な材料を使うフィリピンの代表的スイーツ。
THE FARM, RAW
稲ぎく(マカティシャングリラホテル)
寿司カウンターや鉄板焼きコーナーなど様々な本格的な和食を提供するシャングリラホテルの「稲ぎく」。和室の個室も備え、洗練された雰囲気の中本格的な和食を提供している。
香宮(シャンパレス)
香宮では本格的な広東料理がたべられる。(マカティシャングリラホテル)

マンゴーやハロハロだけでない フィリピンキュイジーヌ

 

Living in a multi-national tourist spot has its perks.


アジアの料理は辛いイメージがありますが、フィリピン料理は意外にも日本料理のようにさっぱりとした味付けのものが多くなっています。
タイでは辛いスープトムヤンクンが有名ですが、フィリピンでスープといえばシニガン。魚介や肉類などとたっぷりの野菜を煮込んだ具だくさんのスープで、タイ料理のトムソムの味付けにも使われているタマリンドの酸味がさっぱりとした味わいです。
また、フィリピンを代表する料理といえばアドボ。 スペイン語で「マリネする」または「漬ける」を意味する動詞アドバル(adobar)が語源で豚肉や鳥肉をにんにく、酢、醤油やコショウなどで煮込んだ料 理。もともとはスペイン料理で醤油を使わなかったのが日本の影響で醤油を使うようになり、その味わいは日本人の味覚にもピッタリ合うでしょう。
カレカレは肉や野菜を煮込んだ料理で名前や見た目はカレーそっくりですが、ピーナツソースを使って煮込んだ料理で味は辛くなく、濃厚でマイルド。
レチョンは子豚の内臓を取り除き香草を詰め、棒で串刺しにして火の上でゆっくり回しながら丸1日かけて焼く豚の丸焼き。フィエスタや結婚式などの祝い事に振舞われることが多く、皮はパリパリして北京ダックのよう、肉はやわらかくジューシーで代表的なお祭り料理です。
フィリピンは新鮮な魚介も多く、新鮮マグロと野菜のマリネ、キニラウは日本人も好きなフィリピン料理になること間違いないでしょう。


Japan:                                         

〒 330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51 大宮蓮見ビル5F

 Tel:048-649-6588

 

 

Makati:

22A Chatham House, V.A. Rufino St. Salcedo Village, Makati City Philippines 1227 
Phone :  +632-550-1376

 

 

株式会社デラ・クルーズ TESZARA事業部

フィリピンでのロングステイをサポート-TESZARA(テザラ)

Dela Cruz Co., Ltd.
Saitama ken, Saitama shi, Omiya-ku
Miyacho 2-51 Omiya Hasumi Building 5F
330-0802

(Mon – Fri) 12:00 - 22:00
(Sat – Sun) 10:00 - 18:00

 

〒330-0802 さいたま市大宮区宮町2-51大宮蓮見ビル5F

営業時間平日12時~20時 048-649-6588